COLUMN

● 動画制作をリーズナブルにしたい場合にはどうしたらいい?

● 絵コンテを作ることが大切

絵コンテとは、作りたい作品の大まかなシーンの流れを表したものです。
制作者は絵コンテを見て、どのくらいの尺でどのくらいの難易度になるか把握することができます。
絵コンテは口だけでは伝えることが難しいようなシーンの流れを伝えることができますので、より正確な工数と費用を計算することができるようになるのです。
この絵コンテは、リーズナブルに動画制作をしてもらうためだけでなく、最終成果物がイメージと違っていたということを防ぐために重要な役割を果たします。
依頼主と作り手の頭の中で描いているものが異なっていると、意図していたものができないことがあります。
絵コンテはそのような「齟齬」を防ぐために最も必要な素材の1つなのです。
絵コンテがあることによって作り手が、その作品が言いたいことを把握することも簡単にしてくれます。
絵コンテがあることで作品の伝えたいことがぶれませんので、修正作業も少なくて済むでしょう。
実は動画制作で費用がかかってしまうのが、最初の依頼で伝えきれていなかったことによる「追加修正」です。
絵コンテを作ることで、依頼する側でも作品の流れを形にすることができますので、追加修正を防ぐことができます。

● 十分な資料を作成しておくこと

リーズナブルな制作会社を選ぶことも良いのですが、クオリティが下がるような値下げがあっては作品を作る意味がなくなってしまいます。
そのため、品質を担保した上で安くしてもらうために必要なのが資料です。
制作会社では作品の意味を理解してから制作に取り掛かりますので、映像の意味を理解してもらうための資料は余分な調査時間を削減してくれます。
資料があることによって別の映像作品を作る場合にも流用することができるでしょう。
特にシリーズ物の動画の場合や学術的な動画では、動画の内容に関する資料は大切です。
また、作品のフォーマットを決めておくことも大切です。
画面サイズが変更になってしまうと大きな修正となることがあります。
動画の形式やサイズなどは決めておき、何に利用する予定なのかも伝えておきましょう。
制作会社側もプロですので、何に使うのかわかっていれば工数を削減することもできるのです。
また、スケジュールの設定も重要でしょう。
だらだらと長く時間をかければよいものが作れるとは限りません。
納期をしっかりとセットしておくことによって、その決められた日にちに向かって動いてもらうのです。
ただし初稿から納品までは修正が出てくることがありますので、ある程度余裕を持たせておき、緊急対応にならないようにしましょう。

● 素材の提供は惜しまずに

社内のデータということで、動画に使えそうな素材を出し惜しみしてしまうことがあります。
しかし素材の提供がなければ制作会社は1から素材を作らなくてはなりません。
実は動画を作ることよりも、素材作りの時間の方がかかってしまうことがあるのです。
特に3Dのモデリングがある場合は必ず提供するようにしましょう。
音楽を必要としている場合も同様で、すでに利用できるようなサウンドがあれば提供しておくと良いでしょう。
最近では高品質で、商用でも無料利用できるような素材がネットで配信されています。
費用を抑えたいのであれば、こうした無料で利用できる素材を使うのも手段の1つです。
ただしそうした素材は著作権が放棄されているわけではありませんので、独自に改造してはいけません。
配布しているサイトのルールに従って素材を利用するようにしましょう。
素材は音楽やモデリングだけでなく、字幕の文言や画像データも重要です。
特にグラフなどの資料が再利用できる画像になっていると、一から画像を作る手間が省けるため、費用と時間を節約することができます。
もし画像の用意が間に合わない場合は、あとで差し替えになる可能性があることを伝えておくと良いでしょう。