COLUMN

● 動画制作をする際の制作会社の選び方

● 動画を効果的に使うことができるビジネスシーン

若い人から年配の人まで、紙媒体で情報を主に得てきた時代とは違い、現在では多くの情報を得ることができる動画が身近な存在になっています。
企業のPRや販売促進、イベントなど、動画が大きな役割を果たすビジネスシーンは多く、効果的だったり、悩みを解決したりと企業にとって欠かせない存在になりつつあります。
動画を効果的に使うことができると、印象に強く残ることができたり、話題になることができたりというメリットがあります。
また、同じ情報を多くの人に見てもらうことができることや、営業社員をたくさん確保しなくてもよくなることなど、効率の良いビジネス展開として役に立つことも大きなメリットです。
動画を効果的に使うことができるビジネスシーンは、広がりを見せてきており、多彩な場面で効果を発揮しています。
動画を制作する前には、制作会社などのホームページに載っている事例やサンプルを見ることで、参考にすることができるのでおすすめです。
有名企業から中小企業、個人まで、規模によらず、動画を活用することで大きな利益や経費削減に成功している企業が多数あるので、はじめて動画の制作を考えている人にとって大変参考になります。

● 動画制作会社の情報を集める方法

動画を制作して、企業のPRや商品のPR、販売促進やイベントなどに活用したいと思っていても、どこに頼んだらよいのかわからないという場合には、まずは、制作会社の候補を選ぶことから始めるとよいでしょう。
インターネットで調べてみると、多くの制作会社があることがわかります。
作りたい動画のイメージに近い動画や似ている業種の動画、ひきつけられてしまうような魅力的な動画があるかどうかをチェックしていくことがポイントです。
料金などが書かれていることも多いのですが、料金は実際に見積もりを出してみてからでなければ、正確にはわからないので、まずは、発注したいと思えるところを探すことに主眼を置くことをおすすめします。
実際に、動画を制作した人の口コミも参考になるので、チェックするとよいでしょう。
評判がよく、人気がある場合には、申し込みが殺到していて納期が遅くなる場合がありますが、余裕をもって発注することができるならば、大変魅力的なことが多くおすすめです。
大手だけに高い技術を持つ人が集まっているというわけではないので、事業規模にかかわらず、魅力的な動画を作成しているかどうかをポイントにして、ピックアップしていきましょう。

● 動画制作をするときの制作会社の選び方

実際に制作会社を選ぶときには、情報を集めることが大切ですが、絞り込みすぎずにいくつかの制作会社に見積もりを出して、比較してから選ぶことがおすすめの選び方です。
見積もりを出すときには、作りたい動画のテーマや内容、イメージや時間、音声やナレーションなど、ある程度具体的になっていることが必要です。
細部については、相談することができますが、どのような動画を作るのかという条件を明確にしておきましょう。
同じ条件で見積もりを依頼すると、担当者が見積もりを取る内容を打ち合わせることから始まります。
条件やイメージ、内容などを伝えて、見積もりを出してもらいましょう。
見積もりには、数日から数週間かかる場合があるので、余裕を持っておくことが大切です。
1社ではなく、数社の見積もりを依頼することで、料金はもちろんですが、提案の仕方や動画の品質、納期などを比較することができるので、選ぶ時の基準になります。
数社の見積もりを取ることで、相場が分かってくるので、高品質で適正価格のところを選ぶときに役立ちます。
料金の安さも大切ですが、費用対効果を重視してクオリティーで選ぶことも大切です。
また、担当者の対応や提案力なども加味して、総合的に判断することで、コストパフォーマンスが良い動画制作をすることができます。