「withコロナ時代」のライブ動画配信!企画のコツを解説します

Withコロナに向けて各企業がさまざまな取り組みをしている昨今、商品プロモーションや企業の広報などのシーンで注目されているコンテンツの一つに「ライブ動画配信」があります。 静止画から動画に、そして現在ではライブ動画が企業活動にも多く活用されているのです。本記事では、そんなライブ動画配信を行う際に知っておきたい企画のコツを解説します。 これからライブ動画配信を検討されている企業担当者はもちろん、すでにライブ動画配信を活用されている方も、改めてライブ動画配信の企画に役立つコツを知ってください。

ライブ動画配信を企画するにはコツがある

商品のプロモーションや企業の広報活動などにライブ動画配信を活用する際には、下記のコツを抑えておくことがおすすめです。 1. ターゲット(視聴者)を想定する 2. 配信する媒体を選定する 3. 配信スケジュールを決定する 4. 企画・構成を検討する 5. 技術的なことを検討する 6. 本番を迎える このように、ライブ動画配信を行うために知っておきたいコツは6ステップに分類することができます。

ターゲット(視聴者)を想定する

ライブ動画配信を行う上で、ターゲット(視聴者)の想定は最初に行うべき重要な項目です。誰に(年齢層・性別・興味)、何を伝えたいのか(商品、情報共有、最新情報、ファンとのコミュニケーション)などを想定し、ターゲットを明確に想定しましょう。

配信する媒体を選定する

ライブ動画配信を行うにあたって、配信したい内容やニーズに合わせた媒体の選定が必になります。例えば「YouTube Live、ツイキャス、インスタライブ」 などの主要SNS 媒体を活用するのがおすすめです。 また、配信するターゲットによってはZoomなどを活用したクローズドのライブ動画配信を検討することもおすすめです。

配信スケジュールを決定する

配信スケジュールを決定していきます。ライブ動画配信は、リアルタイムに視聴するからこその魅力があるコンテンツなので、ターゲットに合わせた最適な日時を検討することが重要です。 また、媒体によっては配信を見逃した方のために録画を公開できる機能がある場合もあります。

企画・構成を検討する

実際に配信するコンテンツの企画・構成を検討していきます。例えば、商品プロモーションの場合だと、どのように商品を紹介するのか、誰が出演するのか、商品をより良く見せるためにどのような演出が必要なのかなどを検討してください。

技術的なことを検討する

ライブ動画配信は、リアルタイムに映像を発信するため技術的な要件もしっかりと検討しておくことが重要です。 撮影に使う機材から、収録場所、インターネット環境などに問題がないかなどを検討し、万が一トラブルが発生した場合の対策まで考えておくと尚良いでしょう。

本番を迎える

本番当日は、事前に検討した項目を再度念入りにチェックして、本番通りのリハーサルを行いましょう。撮影した動画を公開するのであれば編集が可能ですが、ライブ動画配信はリアルタイムに動画を公開するため、内容に問題がないかなどのリハーサルが重要です。

まとめ

Withコロナの時代に合った、商品プロモーションや企業の広報などに活用したい「ライブ動画配信」のコツについて解説しました。 これからライブ動画配信を検討されている方はもちろん、もうすでにライブ動画配信を行っている方もぜひ本記事で解説したコツを参考にしてください。 よりクオリティの高いライブ動画配信を実施したい場合、専門の動画制作会社に依頼することもおすすめですので、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。